タグ:年上の人 ( 3 ) タグの人気記事

年上の人-3-

d0302748_22123761.jpg
「自由に使うといい,俺は今夜は戻らないから」

そう言われ訪れたヨリム先輩の部屋で、
私とコロ先輩は二人だけの夜を明かした。

「俺とお前は別々に過ごした事にしろ。
 お前は家へ,俺は賭博へ行った、いいな。」

そう言ってコロは部屋を去ってどこかへ行ってしまった。
誰も知らない秘密、ソンジュンはこんな私を見て怪しまないだろうか?
彼は色恋沙汰には無頓着そうで,鋭いから

d0302748_22131259.jpg
俺は酒に酔いつぶれていた。
怪しいと思っていたキム・ユンシクとコロ先輩
遂に昨夜は二人して姿をくらましてしまった。

どこぞで二人だけの愛を語らっていたのだろうか
俺には分からない、男色だなんて
冗談で口にする事はあっても,本気で男に溺れる先輩も
コロ先輩相手に、身体を開く君の事も

彼は、どんな風に男に身体を開くのだろうか

そんな事を考えては身体が熱くなり
酒をいくら飲んだ所で、精神を落ち着ける事は出来なかった

「朝か」

ソンジュンは目を覚ました。
いやにまぶたも、身体も、鉛の様に重い

d0302748_22131516.jpg


結局は、俺の片思いだったのだ
いくら俺がキムユンシクを避けようとも
プヨンファに結婚を申し込もうとも、君には関係なかったわけだ

キム・ユンシク

自分一人で,俺は足掻き醜態を晒しただけだった

d0302748_22131942.jpg

俺の頭は君でいっぱいなのに

今は、君が 

遠い



--------------------------------------------------
(屋根部屋のプリンス二次小説 更新中!)

励みになります!

 photo 0000523266_zpsd19d59b7.jpg 

[PR]
by beckanbecka | 2014-01-30 22:25 | 成均館スキャンダル

年上の人-2-

この記事はファン限定記事になります。

パスワードを入力して読む

-------------------------------------------------
(屋根部屋のプリンス二次小説 更新中!)

励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
[PR]
by beckanbecka | 2013-06-20 16:15 | 成均館スキャンダル

年上の人

「お前が泣いてるのを見るのは好きじゃない」

そう言って後ろから抱きしめてくれたコロ先輩
なんだろう、この包み込んでくれる優しさも、暖かさも。
カラン兄上は嬉しい時間もあるけど、傷つく事の方が多い。
プヨンファと会う彼、急に冷たくする彼

コロ先輩は一向に何も変わらない
いつもぶっきらぼうで、素っ気ないくせに優しいし
言葉にしない気遣いをくれる年上の先輩

23才 19才
4つも違う男の人
その年月の分だけ色んな事を経験してきた人なんだよね。

コロ先輩の腕の中が心地よくて緊張していた身体の力が抜けて行く
不思議だ、この人の前では男らしくしなくては!と
気を張らなくてもいい感じがする、全て静かに受け止めてくれる

今夜ソンジュンはプヨンファの家に呼ばれたからと
中二房から出て行ってしまった。
なんでも縁談の話だとか...

人の物になっちゃうんだね、
もう僕が彼の一番でいられる訳でもないんだね。
ヒックと身体が揺れると、コロが頭を撫でてくれた

「シク」

「コロ先輩...今夜はどこにも行きませんよね....?」

コロは紅壁書として出るつもりだったが、流石に1人にはしたくなかった。
ユニは黙っていたコロの方を振り返って顔を見上げる

「行かないで...」

その表情はもう女と言う事を隠しきれていなかった。
女を隠す、それを理解してきたが、さすがにコロも男だ。
その女人の表情で好きな女から見つめられれば、身体が嫌が応にも疼く

「どこにも行かねぇよ」

コロは向かい合ったユニの腰を抱いた

「こんな顔で見つめるお前を置いて行けるか」

その表情は、今までコロに見た事が無い程色っぽかった。
ドキンとする、いつものぶっきらぼうな感じが無い
言葉はぶっきらぼうなのに、身体に振れる手も、視線も優しい。

コロが身を屈ませて顔をユニに近づける

ドキンドキン
さりげなく自然に あたかも男が女に唇を求める様に
平然とコロはユニに迫りよった。

厚い唇が近づいて ユニは目を閉じた
唇が触れて柔らかい感触がした。
それが離れるとユニは目を開けるが、コロの顔はまだ近く、
じっとユニの瞳を見つめていて、ばっちりと目が合ってしまった。

腰を抱く手がグッとユニを近づけて、また唇を塞いだ。

チュッ.....唇がユニの唇を食む様に挟む。
何だろう、この気持ちよさ、もっともっとしてほしい。
ユニもコロの着物をきゅっと掴んで目を閉じ手唇を受け入れる

コロは背中に手を回すと、ゆっくり敷かれた布団にユニを寝かせた。
そして顔を見下ろす 余りに穏やかな無表情で。
瞳が優しさを帯びて、秘めた欲情が伝わってくる

どうしよう このまま.....
でも、どうしよう、コロ先輩は私を男と思って....
その時になってやっとユニは気付いて降りて来るコロの身体に戸惑う。

チュッ

唇を塞いで
頬から、耳元に唇が落ちて行く 優しい息づかいが聞こえる
熱い舌が淫らな水音と共にユニの小さな耳を舐めた

「あっ.....コロ先輩....僕....」

「いいよ」

「えっ?」

「俺の前では女でいろ」

ユニは驚いて目を見開いた。
コロは知っていたのだ、自分が女だと。
どうしよう、私...バレてたのに......

そんな同様を感じ取ったのか、コロは顔を覗き込み唇で塞いだ
長い口づけの後、コロは穏やかにユニに笑いかけた

「しってたさ、こんな綺麗で可愛い男いないだろ。
でも、俺だけしか知らないから安心しろ、他の奴にも言わない。」

「コロ先輩.....ごめんなさ...」

自分が知らないだけだった優しさの大きさにユニは涙目になった。

「泣くな。」

指がユニの目元を拭う

「だから、俺の前では自分自身でいろ。」

「はい.....」

ユニが微笑んで、コロもほっとした様に微笑んだ。
すぐにまた笑みが顔から消えると、コロは囁いた。

「いいか....?」

「はい......」

ゆっくり近づいて来るコロの顔に、
ユニは瞳に引き込まれそうになって目を閉じた。
ぷっくりとした唇がまた重ねられると、いつもからは想像できない程
柔らかく、優しい口づけを繰り返した。

--------------------------------------------------
(屋根部屋のプリンス二次小説 更新中!)

励みになります!
にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ
にほんブログ村
[PR]
by beckanbecka | 2013-06-19 09:56 | 成均館スキャンダル


屋根部屋のプリンス二次創作小説をつらつらりと書いてます


by becka

プロフィールを見る

カテゴリ

はじめに
ブログ
登場人物
Becka's CHOICE
300年経っても君を愛す
屋根部屋のプリンス短編集
成均館スキャンダル
パスワード記事について
妄想小説
.
太陽を抱く月
星から来たあなた
有料販売分

タグ

(110)
(100)
(95)
(80)
(73)
(69)
(44)
(36)
(31)
(26)
(21)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)

最新の記事

一部、限定記事のURLを修正..
at 2016-04-19 18:19
最近のハマりもの
at 2016-04-11 15:07
暗道-Second- 36
at 2016-03-31 21:40

-

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ヤフオク入・落札で貯まる!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

【激安800円!】
JYJマガジン Vol.2(日本版)




JYJマガジン Vol.04
(ユチョン/日本版)





3hree voices Ⅲ



JUST US



IN HEAVEN




JYJ
UNFORGETTABLE LIVE DVD



Come on over, JYJ



JYJマガジン Vol.3
(ユチョン号)

その他のジャンル

-