静かな海の様に-25-

「もしもし。」

「あ、僕です。何してました?」

「今ですか?お料理してた所ですよ^^パクさんは?」

「今日は整理するものがたくさんあって、残業中です。
 一体何時に帰られるんだかって感じですね.....」

受話器から、ふうーっとパクさんの息が聞こえた

「大変ですね。....ご飯ちゃんと食べれます?」

「大丈夫ですよ、コンビニで何か買って済ませますから」

「ちゃんとじゃないですよ!そんなの」

食べにきてくれたら良いのになあ。
お昼ご飯みたいに、詰めて持っていけたら良いのに。
..........そういうの、閉館してるし迷惑だろうし。

「他にも栄養補給してるから大丈夫ですよ」

「?何か他にも栄養のある物食べてるんですか?」

「あなたからの電話で、元気100倍です」

ボッ

「私なんかでよければ...じゃなくてー!ちゃんと食べて身体壊さない様にしてくださいね」

「はい。....でも体調崩したら看病してくれますか?」

「もちろん、お料理作りにいきますね」

「ゴホン!ゴホン!」

「パクさん(笑)!」

毎日電話する事が、2人の日課になっていた。

「日曜は沢山作っていきますからね、お弁当」

「うん、ありがとうございます。嬉しいな。それが週に一回の楽しみなんです」

「...げ、月曜日は....?」

一応2人のお揃いのお休みの日なんだけどな...
2人でデートが出来る、唯一の日....

「それも、週に一回のとっても、とっても楽しみな日です」

「どっちの方が楽しみですか?」

電話越しにパクさんが笑う

「どっちも。図書館ではほら、むやみに近づけないのに、
 月曜日は好きなだけ一緒にいられる訳でしょう?
 どっちも、それなりに刺激的で、僕は好きですよ」

なんだか、パクさんが言うと普通の事でもやーらし。

「じゃあ、あなたはどっちが好きですか?」

司書としてバリバリ働いてるパクさんも好きだし、
他人が知らないのに、時々視線で2人だけの会話をしたり、
働いてる姿に惚れ惚れしてみたり....でも翌日は私だけの恋人だし

「ど....どっちもいいかも...です」

「ほぉら。」

「だって!だってー.....どっちも....いい..」

「ですよね。」

そう笑い合いながら、パクさんは電話を切って仕事に戻ってしまった。
電話を置くと、私はごろりんとソファに寝っ転がった。
.........仕事の後に来て、ご飯食べて帰ったりとか,平日も会えたら良いのにな。

会いたいな,パクさん

......................................

電話を切るとすぐに、着信音が鳴った

「もしもし」

「よーユチョン!やっと出たな。おい、お前合コンいかない?
 こないだ飲んだ女の子とさ、また友達含めて飲もうよって話になってさ。
 持ち帰れそうな子ばっかりだし、たまにはぱっとやろうぜ。」

「まったく...もう年なんだし、そろそろ真面目な恋愛しろよ(笑)」

「え..うん?お前がそんな事言うなんて.....なんか匂うな。ふん、ふんふん」

「何でもないって」

「さては.....ヨジャ!!!」

「違うって」

「お前マジか!?お前、女が出来るときはいっっつも俺たちに否定してたろ!!
 そのくせ、帰ってるお前の隣にはきれ〜いな女がいっつも横にいて。
 おい、お前もいい加減年なんだし正直に白状しろ!彼女が出来たんだろ」

「ふっ....わかったよ。できた」

「マジかよ...俺たちを差し置きやがってこのモテ男!
 で!どんな子なんだよ。やっぱ身体の相性が良かったとか。
 結局はそこだよなあ、やっぱ、心身共に!満たされないと。」

「馬鹿。お前、恋愛がどんなんだったか、高校生に戻って考え直すんだな」

ヒューゥ

冷やかしの口笛が聞こえる

「真剣な相手なのか」

「まだ分からないけど、目が離せないし、どんな事でも嬉しいし
 久しぶりに恋してるって感じかな」

「ふーん.....おい、その内会わせてくれよ」

「やだよ」

「意地でも見てやる!」

彼は笑った。
1人で良いと思っていた日常の、一瞬一瞬が楽しくて、誰かの事を想う
こんな気持ちいつぶりだろうか....いや、今まで経験しただろうか
君が俺の本当に探していた人であれば良いと思ってる最中なんだ

今は。

--------------------------------------------------

いつもクリックしていただいてありがとうございます053.gifとても 励みになります!
 photo 0000523266_zpsd19d59b7.jpg 


[PR]
by beckanbecka | 2014-12-15 18:00 | 妄想小説


屋根部屋のプリンス二次創作小説をつらつらりと書いてます


by becka

プロフィールを見る

カテゴリ

はじめに
ブログ
登場人物
Becka's CHOICE
300年経っても君を愛す
屋根部屋のプリンス短編集
成均館スキャンダル
パスワード記事について
妄想小説
.
太陽を抱く月
星から来たあなた
有料販売分

タグ

(110)
(100)
(95)
(80)
(73)
(69)
(44)
(36)
(31)
(26)
(21)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)

最新の記事

一部、限定記事のURLを修正..
at 2016-04-19 18:19
最近のハマりもの
at 2016-04-11 15:07
暗道-Second- 36
at 2016-03-31 21:40

-

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ヤフオク入・落札で貯まる!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

【激安800円!】
JYJマガジン Vol.2(日本版)




JYJマガジン Vol.04
(ユチョン/日本版)





3hree voices Ⅲ



JUST US



IN HEAVEN




JYJ
UNFORGETTABLE LIVE DVD



Come on over, JYJ



JYJマガジン Vol.3
(ユチョン号)

その他のジャンル

-