静かな海の様に-55-



「いらっしゃいませ。お待ちしてました」

「こんにちは。早速来ちゃいました」

オフィスで彼女は新たに担当する事になった顧客を迎えていた。
たまたま図書館で知り合って、声をかけてくれたきっかけが
こんなチャンスに結びつくなんて,人生って面白いな。

互いにそう思いながら、微笑んでいた。

「そうなの、私もそう言うテイストのスペースにしたくて」

「可愛いですよね。ニューヨークっぽいっていうか。 
 都会なのに,どこか暖かみがあって,でも洗練されてるっていうか」

「そうなの。こっちはまだ施行できる会社って多くないでしょ?
 隅々まで完璧じゃないと。雑な会社ってこっち多いじゃない」

2人の初ミーティングは,互いのアイディアをポンポンと出し合う
とても有意義で,互いがクリエイティブな刺激を受けるものだった。
本当に,ひょんなタイミングで素晴らしい人に出会ったものだわ。そう思っていた

「じゃあ、いくつか見合う広さの物件をピックアップしてご紹介いたします。」

「ええ、ごめんなさいね。お任せしてしまって」

「いえ、とんでもないです」

.............................................................

「はぁ!すごい量の物件がみつけられちゃった。
 立地と客層と...周りの環境、あの人には絶対お勧めできるものじゃないと、
 納得なんてしてもらえないだろう......あっ」

彼女は今日一回も鞄から取り出せなかった携帯電話を取り出した。
もしかしてパクさんから、メッセージが来てたかも!
慌てて携帯をカチッと押してみたものの、画面には何も通知は来ていなかった

あ.....
べ、べつに来てないか.....

きっと何か来ているだろう、こんなに長く見てなかったし
そう自分が思い込んでいただけに,何だか恥ずかしくなった。
もう夜8時、彼女は一息つくと、帰り支度を始めた。

「そう言えば何故こっちでお店をと?
 香港で事業をなさってたなんて,本当にすごいですね」

「やっぱり、仕事も大切だけど、恋愛も大切だもの。
 ..............私が振って,あっちに行っちゃったから....
 でもやっと、彼に愛されたい、愛無しでは生きていけないって気づいたの」

うん、うん、と彼女は頷きながら聴いていた。
これだけハキハキとやり手な女性なのに、思う事は私とまったく変わらないんだな
そう思うと,彼女は嬉しかった。

「お互いに好きで離れた訳でもないし
 徐々に距離を縮めて,やり直そうとしてる所なの」

「そうなんですか。
 本当に愛し合っていた人となら,離れていた時間なんて
 そんな隙間,すぐ埋まるんじゃないかなって私は思います」

「ありがとう」

...............................

顧客の女性の言葉を思い出しながら,彼女は帰路についた。
そこまで本気で想って,別れても、その糸を手繰り寄せ合おうとするって素敵だな。
私とパクさんも,そんな風な"本物"になれるかしら....

彼女は携帯を見た
パクさんからはメッセージは未だに来ていなかった。

「しかし、何でこんな時に...」

「しょうがないでしょー、リクエストも増えたし
 棚の大整理をしないと、もうスペースが無いんだから!
 ページが破れてるって苦情が来てる本も多いしさ。」

「私服監査なんて、まったく....」

彼は彼で,図書館全部の本の途方も無い仕事に追われていた。

「ふー,お腹すきましたね。」

「ちょっと休憩しましょ」

ユチョンは脚立から降りると、思い出した様に休憩室へ向かった。
ロッカーに入れていた鞄から携帯を取り出す
........が、彼女から特にメッセージは来ていなかった

「...俺,なにメールが絶対来てるなんて思ったんだろ」

ユチョンは恥ずかしくなりロッカーを閉めた。
彼女に返信を待たせちゃいけない!とかって慌てたりして。
.........あーあ、あーあ、自意識過剰なやつ。

....別にメール待ってないし
.....気にしても無いし...
...................................

「きょ、今日くらい俺からメールしないぞ」

「もう、今日はメールしないでおこう」

2人が2人とも虚勢を張ると、携帯を鞄に戻した。

お互いが,お互いを意識しているくせに
可愛い2人だ。

--------------------------------------------------

いつもクリックしていただいてありがとうございます053.gifとても 励みになります!
 photo 0000523266_zpsd19d59b7.jpg 

JYJ NEW SINGLE「WAKE ME TONIGHT」オリコン1位を贈りましょう!
(楽天ブックスは反映店舗です)

1,080円(送料無料)
[PR]
by beckanbecka | 2015-02-06 20:55 | 妄想小説


屋根部屋のプリンス二次創作小説をつらつらりと書いてます


by becka

プロフィールを見る

カテゴリ

はじめに
ブログ
登場人物
Becka's CHOICE
300年経っても君を愛す
屋根部屋のプリンス短編集
成均館スキャンダル
パスワード記事について
妄想小説
.
太陽を抱く月
星から来たあなた
有料販売分

タグ

(110)
(100)
(95)
(80)
(73)
(69)
(44)
(36)
(31)
(26)
(21)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)

最新の記事

一部、限定記事のURLを修正..
at 2016-04-19 18:19
最近のハマりもの
at 2016-04-11 15:07
暗道-Second- 36
at 2016-03-31 21:40

-

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ヤフオク入・落札で貯まる!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

【激安800円!】
JYJマガジン Vol.2(日本版)




JYJマガジン Vol.04
(ユチョン/日本版)





3hree voices Ⅲ



JUST US



IN HEAVEN




JYJ
UNFORGETTABLE LIVE DVD



Come on over, JYJ



JYJマガジン Vol.3
(ユチョン号)

その他のジャンル

-