暗道-Second- 29



「本当はね」

「んー?おお、うまそ〜」

ユチョンはテーブルに次々と並んでいく料理に目を輝かせていた。

「心配してたんです、新しい職場で言い寄られてないかなって」

「はぁ?ははは。まさか、俺は本社から出向してる立場の人間だぞ?
 そんな、生え抜きの厳しい上司に惚れる人間なんていな...」

「でも、厳しくても真っ当なことを誠実に言ってくれてるわけだし、
 そんな真摯な所も素敵だと思うし、なにより、チーム長は....」

彼女はことんと皿を置くと俯いた

「んー....どうした」

彼は彼女の腰を抱き寄せ、自分の隣に座らせた。

「優しいから、女性に」

「そうか?普通だよ。間違ったことをすれば厳しくも言うし、
 男も女もそこは変わらず接してるつもりだ。
 それに、そんなこと気にしなくていい。俺は別にお前が思うほどもててないから」

「でも....」

「もてない旦那には、お前だけなんだ」

真面目にそう言い切るユチョンに、
自分の心配が杞憂だったような気がして、少し微笑んだ。
かっこいいからって心配になりすぎるのは、私が好きすぎるからかな。

「ふふ」

「だーかーらー、俺のこと...捨てんなよ?」

そう言いながら、チーム長は顔を見せまいと
私のぐっとまた引き寄せ、自分の肩へと凭せ掛けた。

「ったく...さっきといい.....」

ゴニョゴニョブツブツと何かを呟くチーム長、可愛い。

その夜、日頃電話では聞いていたけれど
今ここで頑張っているプロジェクトのことを熱心に教えてくれた。
自分の役割や、リーダーとしての熱い心意気を感じる。
そう、こういうところに私はチーム長に魅力を感じ出して、好きになって...

きっと、そんなチーム長の姿に惚れ込む人はいるんじゃないかな。
........でも、まあ.....私が奥さんだもん、絶対誰にも渡したくない。
じっとそう彼を見つめると、彼もその視線に気づきふんわり微笑むと
すぐ、唇を重ねてくれた。

「なに」

「.......チーム長」

「ん」

「............好きです......」

ユチョンは驚いたような顔をしたが、すぐに嬉しそうに微笑んだ。

「........なんか、仕事の話ししてる横でそう言われると....
会社でウブな部下にイケナイ事するみたいな、感じがするな」

耳元で声が響く
その吐息や、熱までもビリビリと伝わる

「..................」

「俺が仕事の話しをしてるのに、なに考えてたんだ?」

夕飯時の情けない顔とは一転、スイッチが入ると
チーム長はすごく、時折意地悪でとてもエロティックな大人の顔になる。
それにゾクゾクして、どうにでもされたいと、思ってしまう自分の存在もまた

時折、自分の奥底から顔をのぞかせる。


--------------------------------------------------
あけましておめでとうございます〜!
今年もよろしくお願いしますね❤︎って新年の更新遅い(笑)!
053.gifとても 励みになります!

 photo 0000523266_zpsd19d59b7.jpg 




[PR]
by beckanbecka | 2016-01-07 12:02 | 妄想小説


屋根部屋のプリンス二次創作小説をつらつらりと書いてます


by becka

プロフィールを見る

カテゴリ

はじめに
ブログ
登場人物
Becka's CHOICE
300年経っても君を愛す
屋根部屋のプリンス短編集
成均館スキャンダル
パスワード記事について
妄想小説
.
太陽を抱く月
星から来たあなた
有料販売分

タグ

(110)
(100)
(95)
(80)
(73)
(69)
(44)
(36)
(31)
(26)
(21)
(9)
(8)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)

最新の記事

一部、限定記事のURLを修正..
at 2016-04-19 18:19
最近のハマりもの
at 2016-04-11 15:07
暗道-Second- 36
at 2016-03-31 21:40

-

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

ヤフオク入・落札で貯まる!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

【激安800円!】
JYJマガジン Vol.2(日本版)




JYJマガジン Vol.04
(ユチョン/日本版)





3hree voices Ⅲ



JUST US



IN HEAVEN




JYJ
UNFORGETTABLE LIVE DVD



Come on over, JYJ



JYJマガジン Vol.3
(ユチョン号)

その他のジャンル

-